サイトマップお問い合わせホーム
店舗情報採用情報会社情報社長ブログヱビス.カンパニー.未来予想図
ホーム > 社長ブログ
社長ブログ パートナー代表 森下晃(社長)が自ら生の声でエビス.カンパニー.についての信念・考え方、またはその他日々気づいたこと、感じたことを、熱い想いで綴ります。

2016年9月4日 日曜日

パートナーのみなさん、おはようございます!

2016スローガン:今ご来店頂いているゲストにもう一度来ていただく!

今後5年間の中期事業計画を進めるにあたり2020年までの出店計画が具体化してきました。

今日のテーマは『5ヶ年計画について』です。

現在 三重と東京で4店舗ですが、4年後には三重と東京、そして愛知で計10店舗にする大きな計画です。

我々は今期15期目で、この計画は今までで最も大きなプロジェクトになるのです。

そして多分私にとっても最後の大勝負になるのではないかと思います。

ヱビスカンパニーに入社して約34年、創業者の父から代表をバトンタッチして14年。

残り6年で、良い形で後継者達に継承するのが最後の志事だと考えています。

この14年間を振り返ると、正直どの年も満足のいく経営は出来ていません。

常にハングリーでした、そして今もそうです。

だから、何もしない年は無かったと思います。

いつも何かに挑戦している、そんな毎年だったのです。

周りからはよく、一度じっとしていた方がいいのでは、そんな声を聞くこともありました。

しかし私のモットーは、「攻撃は最大の防御」です。

前進をしていないと後退してしまうと思い中々じっとしていられませんでした。

そのハングリー精神をいつも掻(か)き立てられるのが、資金繰りです。

14年間一度たりとも順風満帆ではなかったからです。

お金は会社経営にとって最も重要な道具です。

どれだけ決算書の内容が黒字でもキャッシュがなければ倒産します。

いわゆる黒字倒産です。

逆にどれだけ赤字決算でも、キャッシュがあれば潰れる事は絶対にありません。

だから経営者にとって資金繰りは最も重要な仕事で、他の社員には出来ないのです。

またこれはトップにしかわからないと思いますが、払う側ともらう側では大きな責任の差があるのです。

そして自分が作ったマイナスは在任中に責任を持って減らしていく。

image.jpeg

2010年の東京進出以来、出店は7年ぶりになります。

今回のプロジェクトではこれらの出店に伴い大きな資金が必要になり、その調達は必須です。

どの様にこの資金調達を組み立てていくのか。

そういう意味でも私にとって最大で最後の志事になると考えています。

何れにしても、片眼で足元をシッカリ見ながら この大プロジェクトを進めていきます。

今日は日曜日、たくさんの方にお越しいただきます。

ご来店頂いているゲストにもう一度来ていただく!

みなさん、どうぞよろしくお願いします。


プラスの言葉を使うNo.1
本気のうどん 森下晃

2015年6月19日 金曜日

~明るさという性質を持つこと!~

パートナーのみなさん!おはようございます!!

今月は時給アップに向けてスキルアップシートを提出してもらってます。

年2回実施するこれは、今年の4月に実施した 3%のベースアップとは全く異なるものです。

ベースアップはあくまで世間の生活水準を考慮して全員に行うものですが、今回は各人それぞれの能力を評価するものです。

私はこれらの給与アップは大きく二つあると考えています。

まず一つは、働く人たちの満足です。

当然ですね。

ただこれだけではいけないのです。

もう一つは、評価されアップされた給与に対し、責任を負うことです。

これも当然だと思います。

むしろこちらが給与アップの本質だと考えています。

お客様からいただく大切な給与は、責任の重い順に振り分けています。

だから一番責任の重い私は、一番多くいただいているのです。

その責任の重さを感じているので、色んなことを見過ごせません。

現場でのチェックもそうです。

お客様が痛みを感じることがあれば、絶対に指摘します。

品質、スピード、接客、クリンリネス、すべてです。

そして時給パートナーでも全く同じで、責任の重い順に給与が多いのです。

時給が人より高いということは、その人達より責任が重いということです。

例えば、調理作業で5点満点の「教えている」がついている項目があれば、教えるという責任を果たさなければいけません。

当たり前のことです。

そして与えられた責任を果たす、私はそれがやりがいの本質だと思うのです。

image3.jpg

エビスカンパニー全体でみれば、2020年までの未来予想図があります。

このプロジェクトを果たすことが責任です。

みんなで進めていき完成した時には、すごい達成感で満たされると思います。

もう間もなくマネージャーとパートナーの個別面談が始まります。

お客様からお預かりした大切なお金です。

しっかりと責任をもって進めていただきたいと思います。

それではみなさん、今日も・素敵な・一日を!

プラスの言葉を使うNo.1
本気のうどん 森下晃

2015年2月5日 木曜日〜明るさという性質を持つこと!〜

パートナーのみなさん!おはようございます!!

大阪のセミナーで藤井社長に、とても面白い本を教えて頂きました。

「外食の天才が教える 発想の魔術」という本です。

著者はイタリア系のアメリカ人で、フィル・ロマーノ氏です。

まだ半分ぐらいしか読んでないのですが、

読んでいると、レストランがしたくなる内容です。

またロマーノ氏は、アメリカでオープンキッチンを実現した第一人者です。

この発想の原点は、幼少期に自宅のキッチンで母親が料理を作っている雰囲気を再現したかったからです。

ダイニングテーブルのそばでは、母がキッチンで料理を作る色んな音や香りがする。

そんな光景を見ながら料理がテーブルに並ぶ。

そして出来立てを家族みんなで楽しく食べる。

もう美味しいに決まっています。

これがオープンキッチンの原点なのです。

実はこの本を読んで、うどん店のビジネスモデルにしたのが丸亀製麺所だったのです。

藤井社長はこう話されました。

丸亀トップの粟田社長は「この本を外食関係者が読まないことを願う」と言った。

それほど我々にとっては興味深い内容です。

その中で私は素晴らしいレストランのコンセプトに出会いました。

それは「The second home 」です。

日本語にすると「第二の我が家」です。

これをコンセプトにしたら、きっと素晴らしいレストランが誕生すると思います。

もちろん既存店も同様です。

私の思い出の中でもこんなエピソードがあります。

家族の記念日になると決まって松阪にあるイタリア料理のレストランで食事をしました。(今思うとその頃からイタリアンが好きになった)

そこもカウンター席に座ると、キッチンでコックさんのフライパンをふるのを見ながら食事できます。

私達が食事をするのはいつも反対側のダイニングですが、

考えてみれば待合室も(当時はいつも満席だったので)そのカウンターのそばでした。

マスターはキッチンでフライパンを振り、気さくなママはフレンドリーな会話で親近感を覚える。

そんなアットホームなレストランでした。

image1.jpg

お楽しみの料理は、イカの墨煮、ガーリックトースト、チーズの入ったフレッシュサラダ、そしてコクのきいたマリナーラ、メインのきのこハンバーグ、デザートのようなフルーツサラダ。

どれをとっても美味しい料理ばかりで、ほんとうに楽しい時間だった。

私達にとっては、ここが「第二の我が家  The second home 」だったのです。

だからこのコンセプトは私にとって楽しい時間が蘇ります。

考えていると、ますますレストランがしたくなります。

かつて私達を楽しませてくれた大切な思い出を伝えたい、そんな想いを実現したいです。

それではみなさん、今日も・素敵な・一日を!

プラスの言葉を使うNo.1

本気のうどん 森下晃

  • 二代目 甚八 公式サイト
  • 麺の匠 公式サイト
  • 甚八 公式サイト
  • ゑびすや 公式サイト

社長ブログ
カレンダー
2017年6月
« 4月    
       123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近のエントリー
  • 社長のブログ Vol.1281『さりげないサービスVol.1(by部長)』
  • 社長のブログ Vol.1280『人手不足の時代 3』
  • 社長のブログ Vol.1279『人手不足の時代 2』
  • 社長のブログ Vol.1278『人手不足の時代を覚悟する!』
  • 社長のブログ Vol.1277『インドビジネスについて』
  • プロフィール
  • 社長紹介
  • アーカイブ
  • 2017年6月 (3)
  • 2017年4月 (2)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (1)
  • 2017年1月 (2)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (2)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (3)
  • 2016年7月 (4)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (3)
  • 2016年1月 (5)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (5)
  • 2015年8月 (6)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (6)
  • 2015年5月 (8)
  • 2015年4月 (6)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (11)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (13)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (13)
  • 2014年6月 (9)
  • 2014年5月 (11)
  • 2014年4月 (9)
  • 2014年3月 (12)
  • 2014年2月 (11)
  • 2014年1月 (12)
  • 2013年12月 (15)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年9月 (17)
  • 2013年8月 (15)
  • 2013年7月 (17)
  • 2013年6月 (14)
  • 2013年5月 (17)
  • 2013年4月 (18)
  • 2013年3月 (17)
  • 2013年2月 (16)
  • 2013年1月 (17)
  • 2012年12月 (20)
  • 2012年11月 (15)
  • 2012年10月 (20)
  • 2012年9月 (21)
  • 2012年8月 (21)
  • 2012年7月 (27)
  • 2012年6月 (22)
  • 2012年5月 (25)
  • 2012年4月 (22)
  • 2012年3月 (30)
  • 2012年2月 (23)
  • 2012年1月 (24)
  • 2011年12月 (27)
  • 2011年11月 (21)
  • 2011年10月 (25)
  • 2011年9月 (26)
  • 2011年8月 (23)
  • 2011年7月 (31)
  • 2011年6月 (28)
  • 2011年5月 (27)
  • 2011年4月 (30)
  • 2011年3月 (27)
  • 2011年2月 (38)
  • 2011年1月 (9)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年9月 (4)
  • 2010年8月 (3)
  • 2010年7月 (3)
  • 2010年6月 (2)
  • 2010年5月 (4)
  • 2010年4月 (3)
  • 2010年3月 (8)
  • 2010年2月 (3)
  • 2010年1月 (6)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (7)
  • 2009年10月 (4)
  • 2009年9月 (6)
  • 2009年8月 (7)
  • 2009年7月 (9)
  • 2009年6月 (8)
  • 2009年5月 (10)
  • 2009年4月 (6)
  • 2009年3月 (10)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (9)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年9月 (8)
  • 2008年8月 (10)
  • 2008年7月 (5)
  • 2008年6月 (5)
  • カテゴリー
  • その他 (1079)
  • はぴねすクラブ (4)
  • セミナー・講演会 (27)
  • ファームランド鈴鹿 (8)
  • ブログロール (1)
  • ブログ返信紹介 (1)
  • 会議・フォーラム (15)
  • 未分類 (9)
  • 森下部長 (1)
  • 権兵 (8)
  • 職場体験 (10)
  • 視察 (24)
  • 鈴鹿小麦プロジェクト (19)