サイトマップお問い合わせホーム
店舗情報採用情報会社情報社長ブログヱビス.カンパニー.未来予想図
ホーム > 社長ブログ
社長ブログ パートナー代表 森下晃(社長)が自ら生の声でエビス.カンパニー.についての信念・考え方、またはその他日々気づいたこと、感じたことを、熱い想いで綴ります。

2013年10月28日 月曜日

ヘルシーライフスタイルのプロデュース

~モノからコトへ 2013~

みなさん!おはようございます!!

今日もポジティブシンキングで絶好調です!!

昨日から一ヶ月ぶりの東京です。

今朝の東京は晴天で 少し肌寒いですが、爽やかな秋晴れになりました。

昨夜は二代目甚八で三重テラスの方と懇談会を行い、色んな情報交換を行いました。

以前も伝えましたが、我々のお守り伊勢うどんが好調のように、三重テラス全体も予想以上のスタートらしい。

只今テラスでは、期間限定で明日まで伊勢の名物「赤福」の販売をしているとのことです。

また昨日の日曜日は日本橋・京橋でお祭りがあり、テラスの前をパレードが通り大勢の人で賑わったらしい。

おかげでテラスの方にもたくさんの方が訪れたと聞きました。

今日は、来週ここの二階の多目的ホールで行われるマッチング展示会の下見に行ってきます。

またテラスと併設しているレストランで試食もする予定です。

部長も言っていたように、日本橋に我々の店がもうひとつ出来たような気持ちです。

ただ今後この三重の拠点をどう生かしていくかは、我々の発信力が大切だと思う。

昨日も話していて鈴鹿発として たくさんのイベントが出来ると感じた。

都内の三重にゆかりのある業者さんとのマッチングだけではなく、ファームランド鈴鹿を通じて手打ちうどん体験イベントもありです。

今後も担当の方を通じ積極的に発信していきたい。

それではみなさん、今日も素敵な一日を!

プラスの言葉を使うNo.1
本気のうどん 森下晃

2013年10月24日 木曜日

ヘルシーライフスタイルのプロデュース

~モノからコトへ 2013~

みなさん!おはようございます!!

今日も笑顔で最幸です!

 先日の鈴カレーグランプリで我々は3位だった。

確かに よく健闘はしたが、やはりトップを取りたかった。

悔やんでいる訳ではないが、トップにならないと見えない景色がある。

よく聞く話ですが、日本で一番高い山は?

誰もが、富士山と答えるだろう。

では二番目は?

これにはほとんどの人が答えられない。

答えは、山梨県の北岳です。

知ってますか?二番目は知らないでしょ。

マスコミでも優勝店には取材があるが、それ以外はありません。

トップと二番以下、この差は大きいのです。

だからこの機会に我々もトップ探しをしたいと考えている。

ナンバーワンでも、オンリーワンでも構いません。

トップと言えることを見つけたいのです。

この前 うちの部長も言っていたが、

東京で伊勢うどんの提供数は、二代目甚八が一番だと思うと。

もう少し調べないと公表できないが、もしそうであれば大々的にそれをアピールできる。

「東京で伊勢うどん 売り上げナンバーワンの店!」などと。

現在 日本橋の三重テラスで「お守り伊勢うどん」を販売しているが、もし販売数がトップならば「三重テラス売上ナンバーワン!」とうたえる。

こうなるとネットの検索でも一番にヒットし、ネット販売の信用力も増す。

さらにマスコミや雑誌関係の方も、まずネットで検索するので色んなところに取り上げられやすくなる。

また三重の甚八と麺の匠なら、セルフうどん店で野菜が食べれる。

これは絶対オンリーワンだと思う。

そのせいか、最近 売上から比較しても野菜サラダの出る量が増えてきている。

ゑびすやも、サラダバーが好調だ。

席に着くなり、すぐに野菜を取りに行かれる。

ステーキやイタリアンの店ではたくさんあるが、

サラダバー付きのうどんは、今だに他で見たことがない。

これらは まさしくオンリーワンなのです。

このように考えてみるとナンバーワンやオンリーワンが我々にもある。

だから今後は、とにかく一番にこだわりそれをアピールしたいと考えている。

それではみなさん、今日も素敵な一日を!

プラスの言葉を使うNo.1
本気のうどん 森下晃

2013年10月23日 水曜日

ヘルシーライフスタイルのプロデュース

~モノからコトへ 2013~

みなさん!おはようございます!!

今日も愛と光と忍耐です!

「第2領域をやりなさい」これは藤井社長の教えです。

第2領域とは「緊急ではないが、重要なこと」です。

反対に第1領域は「緊急で、重要なこと」です。

極端な例ですが、火事が起こったとしましょう。

これに対処する 火を消すことや消防署に連絡することは 当然、第1領域です。

でも火事が起こらないような工夫をすること、

例えば、オール電化の設備にすることや、火を使うルールを決める、また火災訓練を行うことは、第2領域なのです。

これは我々のビジネスを成功させるうえで、非常に大切なことになる。

今週もマネジャーミーティングをしていると、やはり第1領域に気を取られている。

みんな目の前のことで精一杯です。

今月度がスタートしてから販促企画を考えたり、直近のシフトが決まってないこともある。

何も手立てが打てないまま毎日が済んでいき、結果の後追いばかりになる。

これを見直すのに、まずは月度の日割り予算を、一ヶ月前には立てることです。

そして今の時期には、ミーティングで12月度の販促を考えるように改善したい。

最低でも一ヶ月のスパンをもってビジネスを進める。

これが我々がやらなければならない第2領域なのです。

これらは本社で例えると資金繰りも その一つです。

毎月の資金繰り計画を、最低でも一ヶ月のスパンをもって計画しておく。

今はパソコンのエクセルがあるので容易にできる。

そうすると来月は余裕かキツイか一ヶ月前にはわかり、手立てを打つことも可能になる。

潤沢な資金がある時期は こんな必要はないが、そうでない時は重要になる。

また年間の資金繰り計画では、来期出店の計画があるなら大きなお金がいる。

こんなのは当然間際では出てこない。

一年間以上のスパンで銀行と色んな話を進めている必要がある。

それがあってやっと出店が実現するのです。

このように第2領域の大切さは わかっていただけると思う。

私自身まだまだ未熟だが、みんなでこの第2領域を進めたい。

それではみなさん、今日も素敵な一日を!

プラスの言葉を使うNo.1
本気のうどん 森下晃

  • 二代目 甚八 公式サイト
  • 麺の匠 公式サイト
  • 甚八 公式サイト
  • ゑびすや 公式サイト

社長ブログ
カレンダー
2013年10月
« 9月   11月 »
   12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031    
最近のエントリー
  • 社長のブログ Vol.1287『しあわせは キャンドルサービス』
  • 社長のブログ Vol.1286『変えてはいけないもの』
  • 社長のブログ Vol.1285『さりげないサービス vol.4』(by部長)
  • 社長のブログ Vol.1284『ビジネスのやり方を変える!』
  • 社長のブログ Vol.1283『さりげないサービスvol.3』(by部長)
  • プロフィール
  • 社長紹介
  • アーカイブ
  • 2017年9月 (1)
  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (3)
  • 2017年6月 (3)
  • 2017年4月 (2)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (1)
  • 2017年1月 (2)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (2)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (3)
  • 2016年7月 (4)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (3)
  • 2016年1月 (5)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (5)
  • 2015年8月 (6)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (6)
  • 2015年5月 (8)
  • 2015年4月 (6)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (11)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (13)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (13)
  • 2014年6月 (9)
  • 2014年5月 (11)
  • 2014年4月 (9)
  • 2014年3月 (12)
  • 2014年2月 (11)
  • 2014年1月 (12)
  • 2013年12月 (15)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年9月 (17)
  • 2013年8月 (15)
  • 2013年7月 (17)
  • 2013年6月 (14)
  • 2013年5月 (17)
  • 2013年4月 (18)
  • 2013年3月 (17)
  • 2013年2月 (16)
  • 2013年1月 (17)
  • 2012年12月 (20)
  • 2012年11月 (15)
  • 2012年10月 (20)
  • 2012年9月 (21)
  • 2012年8月 (21)
  • 2012年7月 (27)
  • 2012年6月 (22)
  • 2012年5月 (25)
  • 2012年4月 (22)
  • 2012年3月 (30)
  • 2012年2月 (23)
  • 2012年1月 (24)
  • 2011年12月 (27)
  • 2011年11月 (21)
  • 2011年10月 (25)
  • 2011年9月 (26)
  • 2011年8月 (23)
  • 2011年7月 (31)
  • 2011年6月 (28)
  • 2011年5月 (27)
  • 2011年4月 (30)
  • 2011年3月 (27)
  • 2011年2月 (38)
  • 2011年1月 (9)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年9月 (4)
  • 2010年8月 (3)
  • 2010年7月 (3)
  • 2010年6月 (2)
  • 2010年5月 (4)
  • 2010年4月 (3)
  • 2010年3月 (8)
  • 2010年2月 (3)
  • 2010年1月 (6)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (7)
  • 2009年10月 (4)
  • 2009年9月 (6)
  • 2009年8月 (7)
  • 2009年7月 (9)
  • 2009年6月 (8)
  • 2009年5月 (10)
  • 2009年4月 (6)
  • 2009年3月 (10)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (9)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年9月 (8)
  • 2008年8月 (10)
  • 2008年7月 (5)
  • 2008年6月 (5)
  • カテゴリー
  • その他 (1082)
  • はぴねすクラブ (4)
  • セミナー・講演会 (27)
  • ファームランド鈴鹿 (8)
  • ブログロール (1)
  • ブログ返信紹介 (1)
  • 会議・フォーラム (15)
  • 未分類 (10)
  • 森下部長 (3)
  • 権兵 (8)
  • 職場体験 (10)
  • 視察 (24)
  • 鈴鹿小麦プロジェクト (19)