サイトマップお問い合わせホーム
店舗情報採用情報会社情報社長ブログヱビス.カンパニー.未来予想図
ホーム > 社長ブログ
社長ブログ パートナー代表 森下晃(社長)が自ら生の声でエビス.カンパニー.についての信念・考え方、またはその他日々気づいたこと、感じたことを、熱い想いで綴ります。

2017年1月24日 火曜日

2017年スローガン
『多店舗展開に向けて さらにステップアップする年!』
~すべては みんなの Happy time のために~

パートナー みなさん、おはようございます!

三重は今朝も雪でした。

先週に比べると大したことないのでホッとしています。

さて今年はスローガンにあるように多店舗展開プロジェクトを進めています。

実はそれとは別に昨年11月、インドで長年仕事をしている友人から連絡があり、次のような話がありました。

インドでうどん店を開業したいという日本人がいるので相談したいことのでした。

その方も長年の海外赴任で世界各国で仕事をされ 現在はインド在住です。

話を聞くと、インドでは美味しいうどん店がなく、日本人が仕事でたくさんいるのに、とても不自由している。

そこで、ぜひ自分が最後の仕事として、ここで日本の本物のうどん店をやりたいと志を立てられたのです。

我々も海外進出は10年も前から考えていました。

ただ、東京への進出に比べ、現実的に大きな課題がたくさんあるのです。

一番の課題は、我々の誰かが海外赴任をしなければならない事です。

今回の相談は、基本はノウハウ提供してほしいということです。

であるならば、フランチャイズのよう形で進められればお互いウィンウィンになると考えました。

昨年12月26日にその方とインド人2人が来日され、我々の店を紹介しました。

そしてセルフスタイルの「甚八」に興味を持たれたのです。

インドでのうどん店出店計画は具体的にあり、早ければ今年の秋にオープンできる物件あると聞きました。

そこで今度は我々がインドを訪れ現地調査に行く予定をしています。

実際 まだこのインド進出プロジェクトは雲をつかむような話です。

ただインドは13億人と世界第2位の人口です。

平均年齢も25歳と日本の45歳に比べ将来有望の国です。

日本が今悩んでいる人手不足なんて想像もつかないでしょう。

またオーバーストアという言葉も無いハズです。

うまくいけば大きなビジネスになるポテンシャル(可能性としての力)を秘めています。

久しぶりにワクワクする相談です。

2020年までの国内10店舗プロジェクトを進め中で、どれ位ウエイトをしめてくるかも楽しみです。

「すべてはみんなの Happy time のために!」ですね!

画像は先週の大雪です。

image2.jpeg

それではみなさん、今日も素敵な1日を!


プラスの言葉を使うNo.1
本気のうどん 森下晃

 

2017年1月9日 成人の日

社長のブログ Vol.1272より
『心の修行』

パートナーみなさん、新年明けましておめでとうございます!

2017年のスローガン
『多店舗展開に向けて さらにステップアップする年!』
〜すべては みんなの Happy time のために〜

年頭なので天国的な話をします。

テーマは「心の修行」です。

私は信仰心をすごく大切にしています。

それは特定の宗教を崇拝(すうはい)することではありません。

神様は いると信じていることです。

あの世があるということです。

そして転生輪廻(てんしょうりんね)、人は何度も何度も生まれ変わるということです。

これが私の信仰心です。

ではこれらは何のために、、それは私たちの本質は「魂(たましい)」すなわち「心」だからです。

私たちは「心」を磨くために、何度も何度も人生を全うするのです。

明るく生きる、人に親切にする、笑顔でいる、楽しくする、そして幸せになる、すべて「心」を磨く修行です。

修行とは、よく言われる「楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔でいるから楽しい事が起きる」という考え方を持つことです。

昨日も素晴らしい悟りの話を聞きました。

それはこういう話です。

———————
私たちには自由がある
自由とは自分を作り上げていく自由のことです

世の中から、社会から逃れる自由ではなく
世の中へ、社会へ、自分を作り上げていく自由がある

私たちは神様から向上する自由を与えられているのです

その自由こそが私たちの最大の喜びである
———————

とても素晴らしいモノの見方、考え方ではないでしょうか。

まさに「心」の修行です。

そしてこれらが、私たちヱビス.カンパニー.の心の真髄なのです。

ビジネスを向上させていく本当の理由なのです。

私たちは「食」を通じて

楽しい時間を過ごして頂くレストランを創る。

日本の食文化を伝承していく。

もっともっと成長し、向上していくことです。

2017年も みんなで素晴らしい年にしましょう!

プラスの言葉を使うNo.1
本気のうどん 森下晃

 

 

 

2016年12月24日 クリスマスイブ

2017年スローガン
『多店舗展開に向けて さらにステップアップする年!』
~すべてはみんなの Happy time のために~

パートナーのみなさん、おはようございます!!

2016年も残すところわずかになりました。

さて、前回から新しく2017年のスローガンを掲げています。

文字どおり、来年はまさに多店舗展開に向けて進む一年になると思います。

目標は2020年までに10店舗体制、会社売上げ規模10億円にすることです。

言うまでもなくこのプロジェクトは簡単なものではありません。

今の我々にとっては非常に大きな修行になるのです。

ではなぜそれに向けて突き進むのか、この目的がとても大切です。

みんなでこれを共有しなければいけません。

それはサブタイトルに表現しています。

~すべては みんなの Happy time のために~

Happy time とは直訳通り「幸せな時間」です。

以前も話しましたが、これにはとても大切な意味があるのです。

もっと言うと、これこそが真の目的なのです。

ただ、沢山の困難が待っています。

店を運営するには多くの人が関わり、大きなお金が必要になる。

そこにはマネージャーがいて、支えるパートナーがいる。

そして現場を切り盛りしていくには壮絶な労力が伴う。

だからこそ、真の目的をシッカリ心の中心においていなければいけないのです。

以前、リゴレットを運営するヒュージの新川さんがおっしゃていた。

レストランの語源はラテン語のレストラーレ、回復するです。

回復するは英語でレストールとも言います。

だから店の存在価値は、来て下さった皆さまを回復させることです。

美味しい料理、家族や仲間と過ごす楽しい時間、スタッフの元気な笑顔、

これらでご来店頂いている時間を幸せな時間に感じてもらうのです。

そしてその時間を共有することで私たちも幸せになれるのです。

そう、これこそがみんなの Happy time です!

そして私たちが多店舗展開をする真の目的なのです。

もちろん既存店も全く同様です。

2017年!みんなの Happy time を目指し、突き進みましょう!  

画像は、東京二代目甚八の休日メニューとhanayeのおせちです。

img_0569.JPG

それではみなさん、素敵なクリスマスを!


プラスの言葉を使うNo.1
本気のうどん 森下晃

  • 二代目 甚八 公式サイト
  • 麺の匠 公式サイト
  • 甚八 公式サイト
  • ゑびすや 公式サイト

社長ブログ
カレンダー
2017年8月
« 7月    
   12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031    
最近のエントリー
  • 社長のブログ Vol.1285『さりげないサービス vol.4』(by部長)
  • 社長のブログ Vol.1284『ビジネスのやり方を変える!』
  • 社長のブログ Vol.1283『さりげないサービスvol.3』(by部長)
  • 社長のブログ Vol.1282『さりげないサービス vol 2』(by部長)
  • 社長のブログ Vol.1281『さりげないサービスVol.1(by部長)』
  • プロフィール
  • 社長紹介
  • アーカイブ
  • 2017年8月 (1)
  • 2017年7月 (3)
  • 2017年6月 (3)
  • 2017年4月 (2)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (1)
  • 2017年1月 (2)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (2)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (3)
  • 2016年7月 (4)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (3)
  • 2016年1月 (5)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (5)
  • 2015年8月 (6)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (6)
  • 2015年5月 (8)
  • 2015年4月 (6)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (11)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (13)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (13)
  • 2014年6月 (9)
  • 2014年5月 (11)
  • 2014年4月 (9)
  • 2014年3月 (12)
  • 2014年2月 (11)
  • 2014年1月 (12)
  • 2013年12月 (15)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年9月 (17)
  • 2013年8月 (15)
  • 2013年7月 (17)
  • 2013年6月 (14)
  • 2013年5月 (17)
  • 2013年4月 (18)
  • 2013年3月 (17)
  • 2013年2月 (16)
  • 2013年1月 (17)
  • 2012年12月 (20)
  • 2012年11月 (15)
  • 2012年10月 (20)
  • 2012年9月 (21)
  • 2012年8月 (21)
  • 2012年7月 (27)
  • 2012年6月 (22)
  • 2012年5月 (25)
  • 2012年4月 (22)
  • 2012年3月 (30)
  • 2012年2月 (23)
  • 2012年1月 (24)
  • 2011年12月 (27)
  • 2011年11月 (21)
  • 2011年10月 (25)
  • 2011年9月 (26)
  • 2011年8月 (23)
  • 2011年7月 (31)
  • 2011年6月 (28)
  • 2011年5月 (27)
  • 2011年4月 (30)
  • 2011年3月 (27)
  • 2011年2月 (38)
  • 2011年1月 (9)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年9月 (4)
  • 2010年8月 (3)
  • 2010年7月 (3)
  • 2010年6月 (2)
  • 2010年5月 (4)
  • 2010年4月 (3)
  • 2010年3月 (8)
  • 2010年2月 (3)
  • 2010年1月 (6)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (7)
  • 2009年10月 (4)
  • 2009年9月 (6)
  • 2009年8月 (7)
  • 2009年7月 (9)
  • 2009年6月 (8)
  • 2009年5月 (10)
  • 2009年4月 (6)
  • 2009年3月 (10)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (9)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年9月 (8)
  • 2008年8月 (10)
  • 2008年7月 (5)
  • 2008年6月 (5)
  • カテゴリー
  • その他 (1081)
  • はぴねすクラブ (4)
  • セミナー・講演会 (27)
  • ファームランド鈴鹿 (8)
  • ブログロール (1)
  • ブログ返信紹介 (1)
  • 会議・フォーラム (15)
  • 未分類 (9)
  • 森下部長 (3)
  • 権兵 (8)
  • 職場体験 (10)
  • 視察 (24)
  • 鈴鹿小麦プロジェクト (19)