サイトマップお問い合わせホーム
店舗情報採用情報会社情報社長ブログヱビス.カンパニー.未来予想図
ホーム > 社長ブログ
社長ブログ パートナー代表 森下晃(社長)が自ら生の声でエビス.カンパニー.についての信念・考え方、またはその他日々気づいたこと、感じたことを、熱い想いで綴ります。

2017年8月30日 水曜日

『多店舗展開に向けて さらにステップアップする年!』
~すべてはみんなのHappy timeのために~

パートナーのみなさんおはようございます!

今日のテーマは『変えてはいけないもの』です。

前回は「変わらなければいけないこと」を話しました。

1.直営からフランチャイズへ
・のれん分け制度導入
・海外FC展開

2.人からロボットへ
・画像認識レジ
・だしロボ

ただビジネスを進めていくなかで、変えてはいけないことがあるのです。

先日の衛生品質向上委員会でも幹部のみなさんに話しました。

それは三つ、経営理念・使命・価値観 です。

1.経営理念     
『お客様に感動を与え幸せにすることを使命とする』
『社員の三つの幸せを追求し続けることを使命とする』
・健康である幸せ
・人の役に立てる心の幸せ
・経済的な幸せ

2.使命
『我々の5つの使命』
・パワー 感動 勇気を与える元気な店
・日本の食 うどん文化の継承
・地元三重ブランドの発信
・ヘルシーライフスタイルのプロデュース(ベジタブルファースト)
・外食産業のステータスを上げる

3.価値観 
『我々の価値感とその順序』
1.安全(Saftey)
2.美味しい(Gusto)
3.健康的(Healthy)
4.楽しい時間(Happy time)
5.利益(Profit)

これらは我々の商売の基本です。

ただ、大切なのは、みんなで共有するものです。

そして日々の志事(しごと)のなかで実践していくものです。

今後、直営からフランチャイズになっても、作業が人からロボットになっても、これらは変えてはいけないのです。

先月から実施している「第三回 ありがとうコンテスト」が明日で終わります。

ありがたいことに、ゲストからは沢山のメッセージを頂いています。

ありがとうコンテストは、変わってはいけないものを実践する最幸のステージなのです。

今日と明日の二日間、ラストスパートで顔晴りましょう!

それでは今日も素敵な1日を!


代表 森下 晃

さりげないサービス Vol.4

「さりげないサービスの裏側」

昨日は、イオン接客ロールプレイングコンテスト 鈴鹿大会の審査員をさせていただきました。

ロールプレイングコンテストとは、イオンに出店をしている全国約28,000店舗の中から立候補された販売員が、接客において その頂点を目指す、年に一度の大きな大会です。

鈴鹿大会は全国決勝大会への過程であり、イオンモール鈴鹿の中での選抜を決める大会です。

そこでは選ばれし13名が、自身の競技時間7分の間で模擬客に対し、日頃から培った全力の接客を披露した。

100点満点の審査基準のなかで競い合い、13名の中から、更により優れた3名だけが、次の三重大会への切符を手にします。

全ての競技を終え、競技レベルの高い中から3名を決めるのは、非常に難航しました。

大会も終盤となり、最後にコンサルティングの先生からの総評がありました。

「今回の大会テーマは、〜Happiness 心繋がるとき〜 。お客様との何気ない会話の中で、お客様を知り、その言葉の意味を深掘りし、お客様のニーズを掘り起こすこと。さらには、良い接客は当たり前の世の中。そんな現世の接客シーンの中で求めらるのは、お客様の想像を掻き立て、その商品を購入することで、お客様にどんな楽しい日常をもたらすか、お客様の日常の中にある非日常をお創りして差し上げられるか。

そんなことが、接客のシーンに求められている」と。

また、「忘れてはいけないのは、これらを通じて、お客様、そして、そのサービスを提供する販売員一人一人がHappindss 楽しいひとときを過ごすことが出来ていること。これも審査基準となりました」と、お話されていました。

これまでにも、わずかながら「さりげないサービス」をご紹介させていただきましたが、そのサービスの裏側には、接客向上に対する様々な葛藤や学びがあることを改めて知ることが出来ました。

それでもお客様を前にしたときには、何もなかったかのように、心地よい接遇に励む。

僭越ながら、今回 初めてヒトの接客を評価させていただく機会をいただき、非常に多くの学びをいただきました。

ここで改めて全力の接客を披露してくださった13名の皆様に、心からの感謝をお届けいたします。

 

2017年7月24日 月曜日

社長のブログ Vol.1284
『ビジネスのやり方を変える!』

『多店舗展開に向けて さらにステップする年!』
〜すべてはみんなの happy time のために〜

パートナーのみなさん、おはようございます!!

今日のテーマは『ビジネスのやり方を変える!』です。

第15期の決算を終えました。

創業者の父からバトンタッチをし15年がたったわけです。

しかしながら、決算の内容が満足いく年は一年もありません。

年度の目標を立てても予定通りいかないからです。

当然すべての責任は私にあります。

一昨年から具体的に多店舗展開の計画をしています。

2021年までに現在の4店舗から10店舗にする事業計画です。

言うまでもなくそれには 1店舗 1店舗に大きな投資をしなければいけません。

そんな中、昨年の秋に知り合いからインドでのビジネスの話がありました。

最初は店を作るお手伝いと考えていたが、時間が経つれて我々にとって大きなビジネスチャンスだということに気づいたのです。

1973年に父が創業し、私にバトンタッチして15年、合計44年という長い年月をかけて麺ビジネスをやってきました。

ここには大くの大切なノウハウが詰まっていることに気づいたのです。

これからのビジネスは自分たちだけではなく、色んな国で色んな人たちとこのノウハウを共有してビジネスをやれば、スピード感を持って多店舗展開が出来ると考えたのです。

そうです、フランチャイズ(FC)ビジネスです。

そして日本でも同様です。

ただ日本では一般的なFCビジネスをするつもりはありません。

我々独自の「のれん分け」というFCビジネスをやっていきます。

「のれん分け」と聞くと、何年も働いていた人が、同じ屋号を使い自分で新しく店を出す 、これが一般的ですね。

我々の「のれん分け」はこれとは違い、まず本部が新店を出店します。

もちろん100%本部の出店費用で出店します。

そして「将来この店の経営者を目指す人」をマネージャーとして採用するのです。

FCオーナー採用です。

そして新規出店したこの店を 3年後から5年後を目処に「のれん分け」するのです。

ここで重要なのは、この店がキチンと営業利益が出て儲かる店であることです。

これはFCをやる人にとってリスクがかなり減り、明日から利益を手にできるのです。

加えて出店費用も新規のように多額のお金は要りません。

だから初期投資を抑え確実に利益が出来るFCビジネスモデルなのです。

このようにこれからは同じ出店でも、大きくビジネスのやり方を変えていく考えです。

「ビジネスの基本は世の中の困りごとを解決すること」

藤井社長からの大切な教え、FCビジネスはこれを必ず実現していけると感じています。

画像は、二代目甚八の牛肉うどんと、ゑびすやの海老とおろしもちうどんセットです。

それではみなさん、今日も素敵な1日を!

img_1657.JPG

 img_1663.JPG

  • 二代目 甚八 公式サイト
  • 麺の匠 公式サイト
  • 甚八 公式サイト
  • ゑびすや 公式サイト

社長ブログ
カレンダー
2017年9月
« 8月    
         12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近のエントリー
  • 社長のブログ Vol.1286『変えてはいけないもの』
  • 社長のブログ Vol.1285『さりげないサービス vol.4』(by部長)
  • 社長のブログ Vol.1284『ビジネスのやり方を変える!』
  • 社長のブログ Vol.1283『さりげないサービスvol.3』(by部長)
  • 社長のブログ Vol.1282『さりげないサービス vol 2』(by部長)
  • プロフィール
  • 社長紹介
  • アーカイブ
  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (3)
  • 2017年6月 (3)
  • 2017年4月 (2)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (1)
  • 2017年1月 (2)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (2)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (3)
  • 2016年7月 (4)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (3)
  • 2016年1月 (5)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (5)
  • 2015年8月 (6)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (6)
  • 2015年5月 (8)
  • 2015年4月 (6)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (11)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (13)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (13)
  • 2014年6月 (9)
  • 2014年5月 (11)
  • 2014年4月 (9)
  • 2014年3月 (12)
  • 2014年2月 (11)
  • 2014年1月 (12)
  • 2013年12月 (15)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年9月 (17)
  • 2013年8月 (15)
  • 2013年7月 (17)
  • 2013年6月 (14)
  • 2013年5月 (17)
  • 2013年4月 (18)
  • 2013年3月 (17)
  • 2013年2月 (16)
  • 2013年1月 (17)
  • 2012年12月 (20)
  • 2012年11月 (15)
  • 2012年10月 (20)
  • 2012年9月 (21)
  • 2012年8月 (21)
  • 2012年7月 (27)
  • 2012年6月 (22)
  • 2012年5月 (25)
  • 2012年4月 (22)
  • 2012年3月 (30)
  • 2012年2月 (23)
  • 2012年1月 (24)
  • 2011年12月 (27)
  • 2011年11月 (21)
  • 2011年10月 (25)
  • 2011年9月 (26)
  • 2011年8月 (23)
  • 2011年7月 (31)
  • 2011年6月 (28)
  • 2011年5月 (27)
  • 2011年4月 (30)
  • 2011年3月 (27)
  • 2011年2月 (38)
  • 2011年1月 (9)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年9月 (4)
  • 2010年8月 (3)
  • 2010年7月 (3)
  • 2010年6月 (2)
  • 2010年5月 (4)
  • 2010年4月 (3)
  • 2010年3月 (8)
  • 2010年2月 (3)
  • 2010年1月 (6)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (7)
  • 2009年10月 (4)
  • 2009年9月 (6)
  • 2009年8月 (7)
  • 2009年7月 (9)
  • 2009年6月 (8)
  • 2009年5月 (10)
  • 2009年4月 (6)
  • 2009年3月 (10)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (9)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年9月 (8)
  • 2008年8月 (10)
  • 2008年7月 (5)
  • 2008年6月 (5)
  • カテゴリー
  • その他 (1081)
  • はぴねすクラブ (4)
  • セミナー・講演会 (27)
  • ファームランド鈴鹿 (8)
  • ブログロール (1)
  • ブログ返信紹介 (1)
  • 会議・フォーラム (15)
  • 未分類 (10)
  • 森下部長 (3)
  • 権兵 (8)
  • 職場体験 (10)
  • 視察 (24)
  • 鈴鹿小麦プロジェクト (19)