サイトマップお問い合わせホーム
店舗情報採用情報会社情報社長ブログヱビス.カンパニー.未来予想図
ホーム > 社長ブログ
社長ブログ パートナー代表 森下晃(社長)が自ら生の声でエビス.カンパニー.についての信念・考え方、またはその他日々気づいたこと、感じたことを、熱い想いで綴ります。

2017428 金曜日


今日のテーマは「人手不足の時代を覚悟する」です。


先週の土曜日、午後1前にホームセンター内にあるフードコートでことです。


名古屋発の老舗ラーメン店で長い行列が出来ていました。


レジを待つ行列です。


しばらくしても列が流れることもなく動きません。


不思議に思いキッチンを見ると、


なんとスタッフは女性1人なのです。


土曜日のランチタイムに1人!


これで列が流れない理由がわかりました。


オーダーを出してレジ、また出してレジ、この繰り返しです。


確かに1人ではこうするしかないのです。


これを見て最近のニュース記事を思い出しました。


「名古屋発の老舗ラーメングループは一杯320円でなぜ利益が出るのか」


これについて役員はこう言われていました。


320円でラーメンを出せる秘訣は、麺を自社で一括製造するなど徹底してコストを見直した名古屋流経営の成果だ」(取締役 談)


これは素晴らしいと思います。


ただ一方で、その影には人手不足に苦しむ現場の姿があるのも事実なのです。


だから320円でも利益が出る、となれば全く違う話でしょう。


買い手良し、売り手良し、地域良しの「三方良し」が成立しません。


我々もこの部分は反面教師にしなければいけません。


今も人手不足が慢性的に続いているのも事実です。


今後は出店計画が控えていますが、事実人事がまだ明確になってないのです。


マネージャーの配置や採用をはじめ、第一優先で準備していかなければならないと感じます。


また、生産年齢人口が減る日本は今後人手不足は絶対に解消しないと言い切れます。


だからビジネスを大きくするには、その「覚悟」をしなければいけない。


加えて現場での負担を減らすことにも取り組み、色んな「仕組み作り」を進めることも必須です。


順調に進めば次の新店は「甚八ブランド」になります。


だから甚八での仕組み作りが優先です。


今年のスローガンは「多店舗展開に向けてさらにステップアップする」です。


そしてこの要は、「人財」になると言っても過言ではないのです。


明日からはゴールデンウィークです。


我々の店が活気あふれる場所でありたいですね!

 

画像はゑびすやのGWメニューです。

img_0937.JPG

それではみなさん、今日も素敵な1日を!

 

プラスの言葉を使うNo.1

本気のうどん 森下晃

 2017年4月4日 火曜日

社長のブログ Vol.1277より
『インドビジネスについて』

久しぶりに藤井社長のボイスメモを聞き直すと、いつも新しいことが見えてくる。

こちらの問題意識もその時々で違うから、そう思うのだと思う。

今回のテーマは、来月視察に行くインドビジネスについてです。

我々にとってこのインドFCビジネスは、ビッグチャンスだと考えている。

それは海外進出の大きな、大きなキッカケになるからです。

藤井社長は講演の中でこう言われている。

日本国内で今後出店するにはイノベーションが必須になる。

既存店がひしめく中へ飛び込んで成功するには、それは欠かせない。

一方で、海外で出店するのなら、今までのやり方がまだまだ通用する。

藤井社長は今も世界中を飛び回っておられ、鳥瞰的な視線での見解なのです。

ですからまさにインド出店はこれに匹敵すると考えています。

手前味噌ですが、我々も15年ぐらい前に香川の讃岐うどん文化を三重で発信し成功した経験があります。

その当時は今とは違い、うどん店といえばフルサービスが当たり前で「セルフうどん」の店は存在しなかったからです。

今のインドは、そもそも本物のうどん店がない状況だと聞いているので、セルフうどんが良いかどうか行ってみないとわかりません。

ただ、15年前と同じように、そこに無いものを創ると喜ばれる、そんな感覚がするのです。

だから今回直接現地でそれを確かめ、現状どのスタイルのうどん店がマッチするか感じてきます。

そしてこの原理は以前 徳永先生からも教えて頂いています。

海の物は、山で売る

山の物は、海で売る

わかりやすく言うと、これが一番単純で高く売れるということです。

海の物を浜の民家で売ろうとすると、どこも売るほどあるので買わない。

例えば採れたての魚の刺身を、すごくキレイにそして立派に盛り付けて、やっと値段がつくだろう。

しかし同じ魚でも山へ持って行けば、珍しいのでそのままで高く買ってもらえるのです。

藤井社長は、こうも言われていました。

讃岐うどんが世界で一番安いのは香川です、と。

同じ理屈ですね。

そういう意味でもインドはすごくポテンシャル(潜在的な可能性)の高い国だと思うのです。

画像は2017鈴鹿さくら祭り出店の様子です。

image1.jpeg

2017年3月16日 木曜日

2017スローガン
『多店舗展開に向けてさらにステップアップする年!』
〜すべてはみんなの Happy time のために〜

今日のテーマは『一貫性は 信頼』です。

久しぶりに京都の「山元麺蔵」さんに行ってきました。

午後2時ごろに到着したのですが、なんと50人ほどもの大行列です。

さすがにここに並ぶだけの勇気と時間はありませんでした。

あきらめて別のところで食事をし用事も済ませ、4時過ぎにもう一度前を通りました。

すると列が10人ぐらいになっていたので、せっかくだから行くことにしました。

そして並んでいる人の半分以上は外国人の方です。

後ろの人は韓国人で、スタッフさんが「ハングル文字メニュー持ってきますね」と流暢な英語で案内していました。

そとで30分近く並び 店内に案内されました。

ここからが今日の本題ですが、今回山元麺蔵さんでとても勉強になったことを紹介します。

まず、バラエティ豊かなメニューです。

メニューブックは手作りですが、食べてみたいと思わせるメニュー名と写真が並んでいて、中でも「つけ麺」を推しています。

つけ麺と聞くと、らーめんを想像すると思います。

ただ京都の和風テイストもちゃんと表現されていました。

次に商品力の高さです。

特に麺は圧倒的な美味しさです、久しぶりに感動しました。

しっかりとエッジが立ち透き通るような色合い、もっちりとした食感と噛み切れないほどの強いコシ、見事な麺でした。

image1.jpeg

つけ麺のツユはらーめん風だが、うどんによく合う仕上がりです。

続いて外国人に対するアプローチです。

メニューはもちろん、HPもスマホ対応で、日本語・英語・ハングル文字・中文字、それぞれで見れるようになっています。

訪れた彼らはきっとSNSで情報をながすでしょう。

外国人対応は京都という地の利もあるが、それに甘えず やることはちゃんとやられている。

最後に今回一番勉強になったのは、

帰りの際に必ず店主がレジまで来て「今日はありがとうございます!どうぞお気をつけてお帰り下さい」

こう笑顔で見送られている。

レジに来るのではなく、わざわざあいさつに来るのです。

私のいる間に帰られる方すべてにそう言っていた、そして私たちにも。

あれだけ大行列ができる大人気の店でも、それに決して驕(おご)ることなく来店した全ての人に「ありがとう」を伝えている。

店主のこの姿勢が、さらにファンを増やしているのだろう。

京都という観光地でも一見(いちげん)さんで終わらず、もしかしたらリピーターが多いのかもしれない。

メニューブックやHPに「店主の想い」が書かれているが、その「こころ」は全くブレず今も続いてます。

http://www.yamamotomenzou.com/message.html

これを書いていて、藤井社長の「一貫性は信頼」という言葉を思い出しました。

商売の原点をしっかりと守っている一貫性こそが信頼に繋がり、

いつまでも大行列の人気が続いているのだろう。

それでは今日も素敵な一日を!

プラスの言葉を使うNo.1
本気のうどん 森下晃

  • 二代目 甚八 公式サイト
  • 麺の匠 公式サイト
  • 甚八 公式サイト
  • ゑびすや 公式サイト

社長ブログ
カレンダー
2017年6月
« 4月    
       123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近のエントリー
  • 社長のブログ Vol.1281『さりげないサービスVol.1(by部長)』
  • 社長のブログ Vol.1280『人手不足の時代 3』
  • 社長のブログ Vol.1279『人手不足の時代 2』
  • 社長のブログ Vol.1278『人手不足の時代を覚悟する!』
  • 社長のブログ Vol.1277『インドビジネスについて』
  • プロフィール
  • 社長紹介
  • アーカイブ
  • 2017年6月 (3)
  • 2017年4月 (2)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (1)
  • 2017年1月 (2)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (2)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (3)
  • 2016年7月 (4)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (2)
  • 2016年3月 (5)
  • 2016年2月 (3)
  • 2016年1月 (5)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (4)
  • 2015年10月 (5)
  • 2015年9月 (5)
  • 2015年8月 (6)
  • 2015年7月 (6)
  • 2015年6月 (6)
  • 2015年5月 (8)
  • 2015年4月 (6)
  • 2015年3月 (5)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (11)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (13)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (13)
  • 2014年6月 (9)
  • 2014年5月 (11)
  • 2014年4月 (9)
  • 2014年3月 (12)
  • 2014年2月 (11)
  • 2014年1月 (12)
  • 2013年12月 (15)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年9月 (17)
  • 2013年8月 (15)
  • 2013年7月 (17)
  • 2013年6月 (14)
  • 2013年5月 (17)
  • 2013年4月 (18)
  • 2013年3月 (17)
  • 2013年2月 (16)
  • 2013年1月 (17)
  • 2012年12月 (20)
  • 2012年11月 (15)
  • 2012年10月 (20)
  • 2012年9月 (21)
  • 2012年8月 (21)
  • 2012年7月 (27)
  • 2012年6月 (22)
  • 2012年5月 (25)
  • 2012年4月 (22)
  • 2012年3月 (30)
  • 2012年2月 (23)
  • 2012年1月 (24)
  • 2011年12月 (27)
  • 2011年11月 (21)
  • 2011年10月 (25)
  • 2011年9月 (26)
  • 2011年8月 (23)
  • 2011年7月 (31)
  • 2011年6月 (28)
  • 2011年5月 (27)
  • 2011年4月 (30)
  • 2011年3月 (27)
  • 2011年2月 (38)
  • 2011年1月 (9)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年9月 (4)
  • 2010年8月 (3)
  • 2010年7月 (3)
  • 2010年6月 (2)
  • 2010年5月 (4)
  • 2010年4月 (3)
  • 2010年3月 (8)
  • 2010年2月 (3)
  • 2010年1月 (6)
  • 2009年12月 (5)
  • 2009年11月 (7)
  • 2009年10月 (4)
  • 2009年9月 (6)
  • 2009年8月 (7)
  • 2009年7月 (9)
  • 2009年6月 (8)
  • 2009年5月 (10)
  • 2009年4月 (6)
  • 2009年3月 (10)
  • 2009年2月 (9)
  • 2009年1月 (9)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (11)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年9月 (8)
  • 2008年8月 (10)
  • 2008年7月 (5)
  • 2008年6月 (5)
  • カテゴリー
  • その他 (1079)
  • はぴねすクラブ (4)
  • セミナー・講演会 (27)
  • ファームランド鈴鹿 (8)
  • ブログロール (1)
  • ブログ返信紹介 (1)
  • 会議・フォーラム (15)
  • 未分類 (9)
  • 森下部長 (1)
  • 権兵 (8)
  • 職場体験 (10)
  • 視察 (24)
  • 鈴鹿小麦プロジェクト (19)